2017年04月16日

図書館の予約枠

最近、図書館の予約枠が娘の本で埋まっています。
子供はインターネット予約がつかえないので、私の名義を使うしかないんですよね。
お陰で私の本は全然予約できません。
でもそれが全然嫌じゃないんです。

思い出せば私も子供の頃、お父さんの予約枠もお母さんの予約枠もフルで使っていたなぁ。
一人5冊までしか借りれなかったから、カードの枠も全部使って本読んでたなぁ。
なんだか昔を思い出して懐かしくなるのです。

この年齢って読むもの読むものが新鮮なんですよね。
1冊1冊の読む本が本当に刺激的で人生観にもろに響いてくるんです。
娘もたくさん本を読んで、たくさん新しい考え方に触れて、成長してほしいなぁ。
posted by スキャット at 21:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする